読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

(その37)ジョンのエレキギターの謎について(続報)

f:id:abbeyroad0310:20160205010629j:plain

話をちょっと中断して、(その35)でジョンが最初に手に入れたDallas Tuxedo(ダラス・タキシード)について続報を書きます。これは、彼が育てられたミミ叔母さんの実家の屋根裏部屋から見つかり、「ビートルズ・ストーリー」というリヴァプールにあるビートルズの博物館に展示されていたのですが、その後オークションに掛けられ、売却されました。その経緯が知りたかったので、ビートルズ・ストーリーに直接メールを送ったところ、回答があったので皆さんにご紹介します。私は、次のようなメールを送りました。

 

(前文略)

「It was a long-time dream for me to visit a footprint of the Beatles in Liverpool and London. And at last I made my dream come true in July last year. I was very impressed that I visited the Beatles Story and could touch the great history of the Beatles.

Then I have a question about the guitar named "Manchester Mystery Guitar";"Dallas Tuxedo", which has rumour that John Lennon ever owned was been displayed in the Beatles Story from May 16, 2003. And it should have been displayed until at the start of 2012.

However, it was auctioned off on July 12, 2012. Why the guitar was not be to display? Is that because it was not able to prove John's?

If you do not mind, I would like to receive your answer.」

ビートルズの足跡を訪ねてリヴァプールとロンドンを訪れるのが私の長年の夢でした。そして、ついに去年の夏、それが叶いました。私は、ビートルズ・ストーリーを訪れ、ビートルズの偉大な歴史に触れて、とても感動しました。

ところで、『マンチェスター・ミステリー・ギター』『ダラス・タキシード』と呼ばれるギターは、ジョン・レノンがかつて所有していたと噂されていますが、これは、ビートルズ・ストーリーに2003年5月16日から展示されました。そして、2012年の初め頃まで展示されていたはずです。

しかしながら、それは、2012年7月12日にオークションに掛けられました。なぜ、展示されなくなったのでしょうか?ジョンの物であるという証明ができなかったからでしょうか?

もし、差支えなければ、回答していただけるとありがたいです。」

 

とまあ、こんな内容です。そうすると、次のような回答が返ってきました。

 

「Thank you for your email.

We did have a Dallas Tuxedo guitar on display with us for several years. The owner claimed it was found in the attic at Mendips; after being on display he chose to sell the guitar at auction and the new owner has kept it private rather than return it to display.」

 

「メールをありがとうございます。

我々は、数年間、ダラス・タキシード・ギターを展示していました。所有者は、それがメンディプス(育ての親であるミミ叔母さんの家のことです)の屋根裏部屋で見つかったと主張し、展示した後に、競売で売ることにしました、そして、新しい所有者は、展示に戻すよりむしろ、個人で所有することを選んだのです。」

 

つまり、所有者が展示していたが、気が変わってオークションに掛けて売却し、新たな所有者がそれを展示するより、個人で所有したいと望んだため、その人に返還したということですね。

 

(その35)で紹介した通り、このギターの所有者であるアラン・ストラットンは、このギターがジョンの物であると証明しようとして手を尽くしたのですが、結局、果たせませんでした。本人に直接聞いたわけではありませんが、おそらく解明を諦め、オークションに掛けて売却することにしたんでしょうね。ジョンの所有物だったかどうかはっきりしないものを、いつまでも展示しておくのもいかがなものかという判断も働いたかもしれません。そして、今は新しい所有者の手元にあるということです。

 

でもですねえ、もし、ジョンがこれを使っていたとすれば、指紋が残ってるはずですよね?それを照合すれば簡単に解明できるんじゃないんでしょうか?あるいは、皮膚の一部とかが付着していたら、DNA鑑定もできるでしょう。それとももうとっくにそんなことはやったのかな?

 

というわけで、この謎は解明されないままになっています。いつかまた解明される日が来るかもしれません。

 

では、次回からまた元の話に戻ります。

(続く)