読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

(号外)スチュアート・ケンドールさんからメッセージを頂きました

ビートルズ ポップス 洋楽

f:id:abbeyroad0310:20160531000155j:plain

2016年5月21日に大阪南港のATCセンターで開催されたアマチュアバンドによるビートルズのカヴァー・コンサート「第5回南港ビートルズストリート」のシーンを動画で撮影しました。そのことをケンドールさんに伝えたら、是非送って欲しいとのことでしたのでファイルを送りました。

 
 
彼は、とても喜んで「次に日本に行った時には是非、私のバンドも演奏できる機会を作って下さい。愛用のエピフォンカジノとリッケンバッカーを引っさげて『I've Got A Feeling』『Hey Bulldog』『A Hard Days Night』を演奏します!」とのメッセージが届きました。
f:id:abbeyroad0310:20160530224558j:image
何と遥々ビートルズ発祥の地、イギリスから日本まで!やる気満々ですね。彼自身、アマチュアギタリストとしてかなりの腕をお持ちのようで、アイルランドなどにも遠征しているようです。確かに、上記の2曲は難易度の高いものですから、ライヴで演奏するバンドはなかなかいませんね。かなり自信があるんでしょう。
 
 
ブログにも書きましたが、「A Hard Days Night」の有名なイントロのコードも、プロからアマチュアに至るまで誰が挑戦してもレコードの完コピはできず、「Majical Mystery Chord」と呼ばれて50年以上にも亘り、どんなコードだったのか論争されてきました。しかし、彼は、独自の奏法を編み出したんだそうです!(◎_◎;)是非、聴いてみたいですね。
 
 
確か、ビートルズストリート開催当日のアナウンスでは11月にも開催されるとか。もし、そうなら是非エントリーして演奏してもらいたいものです。若き日のジョンやポールと親交のあった彼からどんなサウンドが聴けるのか楽しみです。また、ライヴが跳ねた後、彼らの想い出話もたくさん聞かせてもらえるでしょう。
(続く)