★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

ジョンが一度しか弾かなかったリッケンバッカー325(343)

ジョン・レノンといえば、リッケンバッカー325ですが、1度しか使わなかったギターがありました。

「Across the Universe」のレコーディングに参加した唯一のファン〜リジー・ブラヴォー(342)

ビートルズの追っかけで有名だったリジー・ブラヴォーは、唯一ファンとしてビートルズのレコーディングに参加しました。

And In the End〜ビートルズがビートルズであることをやめた(341)

ビートルズの解散について総括します。解散は、一つの要因ではなく、様々な要因が重なり合ったことによるものです。

ジョンとポールが話し合っていれば違う展開になっていただろう(340)

ジョンとポールは、意思の疎通を欠いていました。二人がもっと話し合っていれば、違う展開になっていたでしょう。

失意のポールはスコットランドへ旅立った(339)

ジョンの脱退宣言にショックを受けたポールは、スコットランドの自分の農場へ家族とともに移り住みました。

プラスティック・オノ・バンドの結成~ジョンのソロ活動への第一歩(338)

ジョンは、ビートルズ在籍中にソロ活動を開始し、プラスティック・オノ・バンドを結成しました。

チャーリー・ワッツは、ミック・ジャガーを殴っていなかった?(号外)

「チャーリー・ワッツはミック・ジャガーを殴っていなかった」という報道の真偽を検証します

イギリスの麻薬取締捜査は終えんを迎えた(337)

麻薬を撲滅しようと著名人の逮捕に躍起になっていたロンドン警視庁もついに方針を転換しました。

ジェントルマンにして熱いドラマー、チャーリー・ワッツを偲ぶ(号外)

偉大なドラマー、ローリングストーンズのチャーリー・ワッツが亡くなりました。ビートルズ、特にリンゴと親交が深かった彼について語ります。

ジョンとヨーコを逮捕した麻薬取締官ノーマン・ピルチャー(336)

麻薬取締官ノーマン・ピルチャーは、ジョンとヨーコを大麻所持の容疑で逮捕しました。彼は、著名人を次々と逮捕したのです。

ポールはジョンとヨーコの「Two Virgins」を支援した(335)

ポールは、ジョンとヨーコのファーストアルバム「Two Virgins」のリリースを支援しました。

ファンはビートルズ解散の予兆に気づいていたのか?(334)

ジョンの脱退についてはかん口令が敷かれていました。ファンはビートルズ解散の予兆に気づいていたのでしょうか?

ジョンはジャーナリストに脱退を打ち明けていた!(333)

ジョンは、ビートルズを脱退することをジャーナリストに打ち明けていました。

ジョージは新しいマネージャーをスカウトしていた(332)

ジョージは、新しいマネージャーをスカウトしていました。ビートルズとしてまだ活動を続けるつもりだったのです。

ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりだった(331)

アビイ・ロードの後、ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりで、解散するつもりはありませんでした。