★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

ポールが「Got Back」ツアーでジョンと共演した(379)

ポールは、2022年にアメリカで開催した「Got Back」ツアーで「I’ve Got A Feeling」をジョンと共演しました。

ついにルーフトップ・コンサートが始まった!(378)

ついにルーフトップ・コンサートが始まりました。いざ始めてみると、彼らは、生き生きとしていました。

ライヴをやるのかやらないのか(377)

ビートルズは、前日になってもライヴをやるかどうかで延々と議論を続けていました。

歴史に残る傑作「Something」登場(376)

ジョージは「Something」をメンバーに紹介しました。この時点では未完成でしたが、後に歴史に残る傑作として発表されました。

ジョージが「Old Brown Shoe」を作曲した(375)

ジョージが珍しくピアノで「Old Brown Shoe」を演奏しました。

歴史は新しい研究により書き換えられる(374)

ポールが「The Long And Winding Road 」へストリングスを導入することに前向きだったことをもう一度明らかにします。

ポールは「The Long And Winding Road」にストリングスを入れることに賛成していた(373)

ポールは「The Long And Winding Road」にストリングスを入れることに賛成していました。彼が激怒したのは無断で大げさなオーケストラを入れられたからです。

ようやくルーフトップにたどり着いた(372)

ビートルズは、ライヴのアイデアがなかなか浮かばず焦っていましたが、ようやくルーフトップで演奏することに決まりました。

名曲「Get Back」ついに完成!(371)

ビリー・プレストンの参加で生気を取り戻したビートルズは、名曲「Get Back」をついに完成させました。

名曲「Get Back」が完成に近づいていった(370)

「Get Back」を仕上げにかかるビートルズ 1 NEMSの買収計画 (1)「ビートルズ乗っ取り中止」とは? (2)このシーンをなぜ挿入したのか? (3)ハゲタカ~アラン・クラインが登場 2 ホッグが最後の提案 3 「Get Back」を仕上げにかかる (1)プロテスト…

救世主がやって来た~ビリー・プレストンが参加(369)

ビリー・プレストンがキーボードでゲットバック・セッションに参加し、ビートルズは、にわかに活気づきました。

「I’ve Got A Feeling」はジョンとポールの協力の賜物だった(368)

ジョンとポールの間には深い亀裂が入っていましたが、「I’ve Got A Feeling」はそんな彼らの協力の賜物だったのです。

ビートルズが解散の危機に瀕している状況を鋭く指摘した記事(367)

ある新聞記者が、ビートルズが解散の危機に瀕している状況を鋭く指摘した記事を執筆しました。

ビートルズは話し合いでプロジェクトの方向を修正した(366)

脱退したジョージが復帰し、ビートルズは、プロジェクトの方向を修正し、完成に向けて進み始めました。

ホッグ監督はジョンとポールの会話を秘密録音した!(365)

ホッグ監督は、レコーディングの休憩中にジョンとポールの2人だけで行われた密室での会話を秘密録音していました