★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

ポップス

映画「Get Back」〜ジョージの叫び「オレはエリック・クラプトンじゃない!」(355)

ジョージは、ギターのテクニックをエリック・クラプトンと比較されることに不満を抱いていました。

映画「Get Back」~ジョージが「All Things Must Pass」を提案した(354)

ジョージは、メンバーに自作曲の「All Things Must Pass」を提案しました。

にほんブログ村の音楽ブログランキングで1位になりました(号外)

にほんブログ村の音楽ブログランキングで1位になりました。たった1週間でランキングが急上昇して驚いています。

「One After 909」を掘り起こした!(353)

ビートルズは、オールディーズの中からルーフトップで演奏する「One After 909」を掘り起こしました。

ゲット・バック・セッションが始まった(350)

いよいよゲット・バック・セッションが始まりました。ビートルズは、2週間で新曲を14曲も制作しなければならなかったのです。

映画「Get Back」は素晴らしいドキュメンタリー作品である(ネタバレあり)(349)

映画「Get Back」は、これまで多くの人々が抱いていたゲット・バック・セッションに対する暗いイメージを吹き飛ばしました。

映画「Get Back」がいよいよ公開される(号外)

映画「Get Back」がいよいよ2021年11月25日からディズニー+で公開されます。これまでの評価をガラリと変えることは間違いありません。

あともう一歩でビートルズは再結成していた!(348)

ビートルズは、あともう一歩でビートルズは再結成していたのです!

ジョンとポールは解散後に歴史的な和解を果たし、セッションした(347)

ジョンとポールは、解散後に再会した際に和解し、一度だけセッションまでしていました

「She’s Leaving Home」の美しいハープを演奏したのは誰?(346)

「She's Leaving Home」のイントロから流れる美しいハープを演奏したハーピストについてお話しします。

ビートルズが歌詞の中にこっそり仕込んだ遊び心(345)

ビートルズは、楽曲にちょっとした仕掛けをしてファンを楽しませました。

ジョンが一度しか弾かなかったリッケンバッカー325(343)

ジョン・レノンといえば、リッケンバッカー325ですが、1度しか使わなかったギターがありました。

「Across the Universe」のレコーディングに参加した唯一のファン〜リジー・ブラヴォー(342)

ビートルズの追っかけで有名だったリジー・ブラヴォーは、唯一ファンとしてビートルズのレコーディングに参加しました。

And In the End〜ビートルズがビートルズであることをやめた(341)

ビートルズの解散について総括します。解散は、一つの要因ではなく、様々な要因が重なり合ったことによるものです。

ジョンとポールが話し合っていれば違う展開になっていただろう(340)

ジョンとポールは、意思の疎通を欠いていました。二人がもっと話し合っていれば、違う展開になっていたでしょう。

失意のポールはスコットランドへ旅立った(339)

ジョンの脱退宣言にショックを受けたポールは、スコットランドの自分の農場へ家族とともに移り住みました。

プラスティック・オノ・バンドの結成~ジョンのソロ活動への第一歩(338)

ジョンは、ビートルズ在籍中にソロ活動を開始し、プラスティック・オノ・バンドを結成しました。

チャーリー・ワッツは、ミック・ジャガーを殴っていなかった?(号外)

「チャーリー・ワッツはミック・ジャガーを殴っていなかった」という報道の真偽を検証します

イギリスの麻薬取締捜査は終えんを迎えた(337)

麻薬を撲滅しようと著名人の逮捕に躍起になっていたロンドン警視庁もついに方針を転換しました。

ジェントルマンにして熱いドラマー、チャーリー・ワッツを偲ぶ(号外)

偉大なドラマー、ローリングストーンズのチャーリー・ワッツが亡くなりました。ビートルズ、特にリンゴと親交が深かった彼について語ります。

ジョンとヨーコを逮捕した麻薬取締官ノーマン・ピルチャー(336)

麻薬取締官ノーマン・ピルチャーは、ジョンとヨーコを大麻所持の容疑で逮捕しました。彼は、著名人を次々と逮捕したのです。

ポールはジョンとヨーコの「Two Virgins」を支援した(335)

ポールは、ジョンとヨーコのファーストアルバム「Two Virgins」のリリースを支援しました。

ジョンはジャーナリストに脱退を打ち明けていた!(333)

ジョンは、ビートルズを脱退することをジャーナリストに打ち明けていました。

ジョージは新しいマネージャーをスカウトしていた(332)

ジョージは、新しいマネージャーをスカウトしていました。ビートルズとしてまだ活動を続けるつもりだったのです。

ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりだった(331)

アビイ・ロードの後、ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりで、解散するつもりはありませんでした。

「アビイ・ロード」をラストアルバムにするつもりはまったくなかった(330)

ビートルズは、アビイ・ロードをラストアルバムにするつもりはまったくありませんでした。

「Cold Turkey」の採用をメンバーに拒否されたジョン(329)

「Cold Turkey」のレコーディングをメンバーに拒否されたジョンは、ビートルズからの脱退を決意しました。

名曲も多かったゲットバック・セッション(328)

失敗と呼ばれがちな「ゲットバックセッション」ですが、数々の名曲も誕生していました。

映画「Get Back」はこれまでのイメージを一新するか?(327)

「『Get Back/Let It Be』は、ビートルズ史上最悪のセッションだった。」という定説が覆されようとしています。

ポールのヒゲは彼の精神状態を象徴していたのか?(326)

1 なぜヒゲを伸ばしたのか? 2 伸ばし始めたきっかけ (1)事故を起こした (2)傷跡を隠すため (3)アルバム「Sgt. Pepper~」でも採用 3 「Get Back/ Let It Be」セッションでのヒゲの意味 (1)自己防衛のため? (2)「White Album」セッションで疲…