★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

ビートルズ

ツアーはもう二度とごめんだ(288)

1 渋々謝罪声明を公表した (1)ジョンはなかなか応じなかった (2)ブライアンが謝罪声明を公表 2 ツアーは予定通り開催された (1)記者会見を開くことに同意した (2)ジョンは怯えていた 3 ついに記者会見を開いた (1)強気に語り始めたが (2)自分…

ビートルズのレコードが焼き捨てられた(287)

1 アメリカ南部で火薬庫が爆発した 2 バイブル・ベルトが激昂した 3 ナチス・ドイツのような焚書(ふんしょ)に発展した 4 ブライアンは必死にビートルズを守ろうとした 5 モーリーンに責任を転嫁しなかった 6 ビートルズは事態を楽観していた 1 アメ…

雑誌が炎上させたのではなかった~真犯人は別にいた(286)

1 初めは何の問題にもならなかった 2 社会派の雑誌が取り上げた 3 ビートルズはアンガーを認めていた (1)ビートルズは人種差別に反対していた (2)デートブック誌はビートルズの記事を独占していた 4 真犯人はラジオ番組だった (1)ラジオ局がキャン…

ビートルズはむしろキリスト教を支援していた(285)

1 ビートルズと特別の関係にあったモーリーン・クリーヴ (1)当時は珍しかった女性ジャーナリスト (2)ジョンと不倫関係にあったのか? 2 ジョンの不満 (1)ライフスタイルに不満を抱いていたジョン (2)シンシアは良妻賢母だったが 3 キリスト教離れ…

ジョン・レノン「ビートルズはキリストより人気がある」(284)

1 棺桶に打ち込まれた最後の釘の1本 (1)ツアーはもうイヤだ (2)オレたちのツアーはキャンセルしないのか? 2 インドに滞在 (1)インドでもビートルマニアに追いかけられた (2)インドを訪問したかったジョージ 3 「ビートルズはキリストよりも人気…

殴られ、蹴られ、命からがらフィリピンを脱出(283)

1 フィリピン全体が敵に回った 2 マニラ国際空港で暴徒に襲撃された 3 不気味な呼び出し 4 ルイスがブライアンにマジギレした! 5 無事に出国できた 6 ビートルズが出国してからのフィリピン 1 フィリピン全体が敵に回った ジョンは、マニラ国際空港…

必死の訴えも聞き入れられず窮地に陥る(282)

1 バロウの必死の工作 2 リムジンが取り囲まれた 3 記者会見で事情を説明 4 巨額の所得税を請求された 5 四面楚歌 (1)ルームサービスも来ない (2)ついポールもホンネを口にした 6 ミッション・インポッシブル (1)どうやって国外へ脱出するか? …

コンサートは大盛況で終わったが…(281)

1 ポールはたまたま外出していた (1)たまたま難を逃れた (2)ニールの回想 2 大勢の人々が集まっていた (1)ブライアンの予想通りだった (2)本気で髪を切るつもりだった! 3 ショーは無事に開催された (1)会場に到着 (2)コンサートは何の問題も…

相手が大統領夫人だろうと、オレたちは行かねえよ!(280)

1 突然の呼び出し (1)宮殿に来い! (2)フィリピンの政治情勢 2 ブライアンは頑なに出席を拒んだ (1)絶対に行かない! (2)正式な招待はなかった 3 ビートルズが宮殿に来ていない! 4 余談 1 突然の呼び出し (1)宮殿に来い! 前回の記事に若干…

ボートがホテルだとお~⁉️ざけんなっっっ💢(279)

1 船上のホテル (1)ボートがホテルだと? (2)ビートルズも呆れた 2 大失敗だった陽動作戦 (1)ホテルに宿泊すると見せかけた (2)こんなところは真っ平だ! 3 なぜフィリピンを選んだのか? (1)香港と日本は正解だった (2)なぜフィリピンを選ん…

到着時から不穏な雰囲気だったフィリピンツアー(278)

1 ドント・バザー・ミー 2 乱暴だった警備員の態度 (1)荒っぽい出迎え (2)手荷物が置き去りにされた 3 記者会見のルール (1)記者会見のお約束 (2)毎度同じ質問ばかり 1 ドント・バザー・ミー ビートルズがマニラ空港に降り立った時には、2000人…

過酷を極めたツアー~解散へのLong and Winding Road(277)

1 ツアーを止めたことも解散の一因 (1)ファンとの接点が失われた (2)コンサートは必須ではなくなった 2 過酷を極めたツアー (1)EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years (2)多額の税金 3 1966年にはツアーが負担に 4 地獄のフィリピン・ツアー 1…

実は「隠れた名曲」だったDon’t Bother Me(276)

1 ついに完成 2 曲の構成 (1)王道のパターン (2)Aメロ (3)ブリッジ(Bメロ) 3 完成度の高い歌詞 4 ジョージが切り開いた新しい世界 5 リード・ヴォーカルのみだった 1 ついに完成 テイク14からは、ジョージがリード・ヴォーカルをダブル・トラ…

ビートルズのサウンドを最初に変えたのはジョージだった(275)

1 いよいよレコーディング 2 ファズ・ボックスはお蔵入りした 3 新しいサウンド作りに熱心だったジョージ 4 テイクを何度も重ねた 1 いよいよレコーディング 解散のお話からは少し逸れてしまいますが、せっかくジョージの処女作「Don’t Bother Me」につ…

ビートルズという大河から分岐したジョージという支流(274)

1 ジョージの処女作~Don’t Bother Me 2 作曲したきっかけ (1)病気療養中に作曲した (2)人生初の薬物使用 3 友人のしつこい勧めに反発して作曲した (1)しつこく作曲を勧められた (2)ネガティヴな内容 4 作曲がジョージにもたらしたもの (1)仕…

アストリッド・キルヒャーはなぜ愛され続けるのか?(273)

1 母親のように世話してくれた 2 被写体となる技術を教え込んだ 3 ビートルズの本質を見抜いていた 4 写真家としての道を歩む 5 能力の限界を感じた 6 映画「BACKBEAT」で再び脚光を浴びる 7 その後のアストリッド 1 母親のように世話してくれた ビ…

アストリッドがビートルズにもたらしたモップトップ・ヘア(272)

1 生い立ち (1)ハンブルクで生まれる (2)学生時代 2 ビートルズとの出会い (1)フォアマンがきっかけ (2)ビートルズとの交流 3 アストリッドとスチュ、交際を始める (1)スチュと結ばれる (2)初めての薬物使用 4 モップトップ・ヘアへ (1)ビ…

アーリー・ビートルズのイメージを確立させたアストリッド・キルヒャーを讃える(271)

1 相次ぐ訃報 2 「Kirchherr」の発音について (1)彼女の姓は何と発音する? (2)語尾の発音の変化 3 アストリッド・キルヒャーの功績 (1)アーリー・ビートルズのイメージを確立させた (2)アーリー・ビートルズのイメージを後世に伝えた (3)ビー…

ポールにファルセットを伝授したリトル・リチャード(270)

1 ロックン・ロールの原型を作った (1)エルトン・ジョンはピアノで影響を受けた (2)これがロックン・ロールだ! (3)ビジュアルも重要だった 2 若きビートルたちが初めて聴いた時の衝撃 3 アーリー・ビートルズ時代から盛んにカヴァーした (1)多く…

ビートルズが敬愛してやまなかったリトル・リチャード(269)

1 悲しい知らせ 2 ロックン・ロールにショーマンシップを持ち込んだ (1)奇抜なヘアスタイルと衣装 (2)リズム&ブルースからロックンロールを独立させた 3 恵まれなかった少年時代 4 ド派手なロックン・ロールの開祖 (1)やっとチャンスが訪れた (2…

ジョージが音楽的才能に目覚めた~解散のプロローグ(268)

1 クラプトンに参加する気はなかった (1)クラプトンはどう思っていたのか? (2)ジョージの存在を忘れていないか? 2 成功してからソングライティングを始めた 3 ジョージが音楽的才能に目覚めた (1)ビートルズは革新的なバンドだった (2)成功して…

ジョンとジョージが殴り合った…もうおしまいだ💦(267)

1 ジョージの不満は頂点に達していた 2 「Let It Be」セッションは最悪の時期だった 3 ジョンとジョージが殴り合った! (1)ジョンはジョージを見下していた (2)ついに殴り合いのケンカに 4 クラプトンをメンバーに入れようとした (1)ジョンはクラ…

インド訪問、ヨーコの介入、ジョージの脱退(266)

1 ジョンとシンシアとの破局 2 ビートルズは変わってしまった 3 4人ではなく1人+3人 4 オノ・ヨーコの介入 (1)レコーディングに参加 (2)彼女が解散の原因なのか? 5 ジョージの脱退 1 ジョンとシンシアとの破局 インドに滞在中、ジョンは、妻…

ジョージの一言がビートルズ解散のキッカケだった?(265)

1 ジョージの言葉に触発された (1)ジョージが不満をぶちまけた 2 ほころびが見え始めた 3 ジョージの不満 4 インドへの訪問 1 ジョージの言葉に触発された (1)ジョージが不満をぶちまけた タイトルを見て「おいおい、ジョンが最初にビートルズを脱…

ジョン、ついにビートルズ脱退を決意する(264)

1 解散からちょうど50年目 2 初めてかつ貴重な体験だった 3 オレはビートルズでなくてもやれる! (1)ビートルズを超えたライヴがある (2)意外に注目されていないトロントのコンサート 4 ついに辞意を漏らす (1)メンバーに辞意を表明 (2)ビート…

ジョンにスカウトされたアラン・ホワイト(263)

1 アラン・ホワイトの才能を見抜いたジョン (1)無名のドラマーだった (2)ドラムキットがない! 2 レコーディングにも参加した (1)ジョージのアルバム制作にも参加 (2)イマジンにアイデアを提供した 3 素晴らしかったコンサート (1)ジーン・ヴィ…

(号外)ビートルズファンだった志村けんさんを偲ぶ

1 突然の悲報 2 武道館公演に行った 3 ザ・ドリフターズが前座で出演 4 ポール・マッカートニーのライヴにも参加 5 ピン芸人として 1 突然の悲報 コメディアンの志村けんさんが、2020年3月29日永眠されました。志村さんは、3月17日にパンデミックを起…

ジョン、ソロとして初めてライヴの感動を味わう(262)

1 クルーがジョンを撮影 2 禁断症状と不安と (1)不安の極地だったジョン (2)メンバーは全く緊張しなかった 3 ジョン、即興で歌詞を作る 4 オリジナル曲を披露 1 クルーがジョンを撮影 前回の記事でジョンの演奏シーンを挿入しましたが、当然のこと…

ジョン、美しく輝く光の海となった観客席を前に演奏する(261)

1 世界初、観客席が美しく輝く光の海に変わった! (1)ジョンは神経質になっていた (2)キム・ファウリーの機転を利かせた粋な演出 2 世界初の観客席でのライトアップ (1)ジョンを感動させた (2)観客によるライトアップの始まり 3 ついにジョンのス…

ジョン、マジで分ってねえぞ💦(どうすんだよお~💢)(260)

歌詞カードを見るジョン 1 ジョンの様子がおかしい! 2 トリは誰がやるんだ? 3 ジョンは状況を理解していない! 4 ドアーズを説得した 5 ジョン、プレッシャーを覚える 1 ジョンの様子がおかしい! トロント・ポップ・フェスティヴァルをエンジョイす…