★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

ビートルズ

ジョンが一度しか弾かなかったリッケンバッカー325(343)

ジョン・レノンといえば、リッケンバッカー325ですが、1度しか使わなかったギターがありました。

「Across the Universe」のレコーディングに参加した唯一のファン〜リジー・ブラヴォー(342)

ビートルズの追っかけで有名だったリジー・ブラヴォーは、唯一ファンとしてビートルズのレコーディングに参加しました。

And In the End〜ビートルズがビートルズであることをやめた(341)

ビートルズの解散について総括します。解散は、一つの要因ではなく、様々な要因が重なり合ったことによるものです。

ジョンとポールが話し合っていれば違う展開になっていただろう(340)

ジョンとポールは、意思の疎通を欠いていました。二人がもっと話し合っていれば、違う展開になっていたでしょう。

失意のポールはスコットランドへ旅立った(339)

ジョンの脱退宣言にショックを受けたポールは、スコットランドの自分の農場へ家族とともに移り住みました。

プラスティック・オノ・バンドの結成~ジョンのソロ活動への第一歩(338)

ジョンは、ビートルズ在籍中にソロ活動を開始し、プラスティック・オノ・バンドを結成しました。

チャーリー・ワッツは、ミック・ジャガーを殴っていなかった?(号外)

「チャーリー・ワッツはミック・ジャガーを殴っていなかった」という報道の真偽を検証します

イギリスの麻薬取締捜査は終えんを迎えた(337)

麻薬を撲滅しようと著名人の逮捕に躍起になっていたロンドン警視庁もついに方針を転換しました。

ジェントルマンにして熱いドラマー、チャーリー・ワッツを偲ぶ(号外)

偉大なドラマー、ローリングストーンズのチャーリー・ワッツが亡くなりました。ビートルズ、特にリンゴと親交が深かった彼について語ります。

ジョンとヨーコを逮捕した麻薬取締官ノーマン・ピルチャー(336)

麻薬取締官ノーマン・ピルチャーは、ジョンとヨーコを大麻所持の容疑で逮捕しました。彼は、著名人を次々と逮捕したのです。

ポールはジョンとヨーコの「Two Virgins」を支援した(335)

ポールは、ジョンとヨーコのファーストアルバム「Two Virgins」のリリースを支援しました。

ジョンはジャーナリストに脱退を打ち明けていた!(333)

ジョンは、ビートルズを脱退することをジャーナリストに打ち明けていました。

ジョージは新しいマネージャーをスカウトしていた(332)

ジョージは、新しいマネージャーをスカウトしていました。ビートルズとしてまだ活動を続けるつもりだったのです。

ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりだった(331)

アビイ・ロードの後、ジョージはまだ2年間はビートルズとして活動を続けるつもりで、解散するつもりはありませんでした。

「アビイ・ロード」をラストアルバムにするつもりはまったくなかった(330)

ビートルズは、アビイ・ロードをラストアルバムにするつもりはまったくありませんでした。

「Cold Turkey」の採用をメンバーに拒否されたジョン(329)

「Cold Turkey」のレコーディングをメンバーに拒否されたジョンは、ビートルズからの脱退を決意しました。

名曲も多かったゲットバック・セッション(328)

失敗と呼ばれがちな「ゲットバックセッション」ですが、数々の名曲も誕生していました。

映画「Get Back」はこれまでのイメージを一新するか?(327)

「『Get Back/Let It Be』は、ビートルズ史上最悪のセッションだった。」という定説が覆されようとしています。

ポールのヒゲは彼の精神状態を象徴していたのか?(326)

1 なぜヒゲを伸ばしたのか? 2 伸ばし始めたきっかけ (1)事故を起こした (2)傷跡を隠すため (3)アルバム「Sgt. Pepper~」でも採用 3 「Get Back/ Let It Be」セッションでのヒゲの意味 (1)自己防衛のため? (2)「White Album」セッションで疲…

ジョン、ストーンズの映画「ロックンロール・サーカス」に出演(325)

1 「マジカル・ミステリー・ツアー」に刺激を受けた (1)サーカスと音楽を融合した (2)豪華な出演者たち 2 圧巻だったジョンのパフォーマンス (1)バンド名はダーティ・マック (2)本番 (3)脱退後のソロ活動への布石だったのか? 3 デビッド・ダル…

「ジョンによるポールの自宅襲撃事件」は事実なのか?(324)

ジョンがポールの自宅を襲撃したという話は本当なのでしょうか?

ポールの行動は必要だった(323)

ポールが行動を起こさなければ、後期のビートルズは存在しなかったかもしれません。

商業的には失敗に終わったが、後世に多大な影響を残した(322)

マジカル・ミステリー・ツアーは、商業的には失敗しましたが、その映像と音楽を融合させる試みは、後世の映画や音楽に多大な影響を与えました。

「マジカル・ミステリー・ツアー・プロジェクト」の始動(321)

ポールは、ブライアン亡き後、ビートルズを立て直すために奔走しました。しかし、それが裏目に出ることになったのです。

ポールはメンバーを鼓舞して「Sgt. Pepper~」を成功させたが…(320)

ポールが主導してアルバム「Sgt. Pepper~」は大成功しました。しかし、やがて彼と他のメンバーとの間に溝が生まれました。

ポールはLSDにはまらなかった(319)

ビートルズのメンバー全員がLSDを体験しました。しかし、その受け止め方は違っていました。

ジョンとジョージはLSDを飲まされた(318)

ジョンとジョージは、知らないうちにLSDを飲まされてしまいました。

「The Long and Winding Road」の意味するもの(317)

ポールは、「The Long And Winding Road」にオーケストラをフィーチャーすることも検討していました。

ビートルズにトドメを刺した男~フィル・スペクター(316)

フィル・スペクターは、ポールに無断でオーケストラをフィーチャーし、彼を激怒させ、ビートルズ脱退の意志を固めさせました。

群がったシロアリに食い荒らされたアップル(315)

ビートルズの理想郷としてスタートしたアップル。しかし、群がったシロアリに食い荒らされてしまいました。