★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

洋楽

舞台「BACKBEAT」がバズった!(号外)

1 ブログへのアクセスが急増! (1)ツイッターからのアクセスが急増 (2)イケメン俳優が勢揃い 2 ビートルズファンからは危惧する声もあった 3 若い皆さんへ (1)アーリー・ビートルズって? (2)不幸な家庭環境だったジョン (3)ジョンとポールの出…

舞台「BACKBEAT」は素晴らしかった!(号外)

1 演技も生演奏もこなした! 2 正にアーリー・ビートルズ! (1)1960年にタイムスリップ (2)いざハンブルクへ! 3 演奏はしっかりできていた 4 秀逸だったアストリッド 5 よく調べ上げた (1)細かいエピソードまで (2)スチュの死 6 ついにメジャ…

リンゴ唯一のドラムソロ(225)

1 最新鋭の武器ーモーグ・シンセサイザー (1)まだ初期段階の製品だった (2)またまたジョージのファインプレイ 2 衝撃的なエンディング (1)「そこでテープをカットしろ!」 (2)隠しトラック 3 リンゴ唯一のドラムソロ(The End) (1)リンゴはド…

日本でアーリー・ビートルズを描いた舞台が上演中(号外)

1 日本でついに舞台化が実現! 2 物語の背景 3 あらすじ 4 演出家石丸さち子 5 ジョン役の加藤和樹 (1)演技と演奏を両立させることの難しさ (2)自分たちなりのビートルズを 6 ビートルズを肌で感じ取った (1)リヴァプールを訪れた (2)不思議な…

8トラックレコーダーとモーグシンセサイザーを導入(224)

1 既に完成していた作品も数多くあった 2 レコーディングは順調に行われた 3 スタジオにベッドを持ち込んだ! 4 初めての8トラック 5 モーグ・シンセサイザーの導入 1 既に完成していた作品も数多くあった ビートルズは、1969年1月の「Let It Be」セ…

スタジオに足を踏み入れれば一つになれた(223)

1 Carry That Weight 2 ビートルズというバンドの偉大さ (1)スタジオに入れば (2)こんなバンドは他に存在しない (3)対照的だったローリングストーンズ 3 レコーディング開始 (1)昔の勘が戻った (2)オレたちはミュージシャンだ (3)プロジェク…

ジョンとポールの絆は断たれていなかった(222)

1 ジョンとポールの緊張関係は和らいでいた (1)ジョンは「ベッド・イン」で窮地に追い込まれていた (2)それでもポールはジョンを見放さなかった 2 アップル帝国の崩壊 (1)アラン・クラインがマネージャーに就任 (2)ジョンはクラインを信用した (3…

ビートルズが本気を出した(221)

1 きっかけはポールの提案 (1)「Let It Be」の仕上がりに満足がいかなかった (2)ジョンも説得に応じた 2 ジョージ・マーティンにプロデュースを依頼 (1)再びマーティンと組んだ (2)解散を意識はしていたが、確信まではしていなかった 3 ジェフ・…

そして「アビイ・ロード」へ~なぜ、解散直前に最高傑作を制作できたのか?(220)

1 テレビ・ドキュメンタリーの完成が発表された 2 シングルは絶好調 (1)「Get Back」が大ヒット (2)立て続けに「The Ballad Of John And Yoko」もリリース (3)もう少し待つべきだった 3 ファンはビートルズに期待していた 4 世間は解散の気配すら…

自分だけがビートルズを知っている世界にワープしたらどうする?~この夏に公開される映画(219)

1 「ビートルズが存在しない世界」 2 ストーリー 3 同じ設定は過去にも使われていた 4 著作権の問題 (1)設定の独占はできない (2)音楽を扱うことの難しさ 5 グランの見解 (1)いい作品はいくつあってもいい (2)創始者に敬意を表すればいい 6 ラ…

パーティーは終わった(218)

1 ビートルズ解散の噂はあったのか? (1)なぜ解散することを知っていたのか? (2)噂はあった 2 「Get Back」はリクエストがあった 3 おふざけもあり 4 近所からはクレームの嵐 5 元々のセットリストはもっと長かったのか? (1)他の曲も演奏するつ…

警官によるコンサートの中止は「ヤラセ」だったという疑惑について(217)

1 警察はコンサートをすぐには中止させなかった! (1)警官はすぐに出動しなかった (2)警官の証言 (3)それでも事前に警告を与えた (4)「隠れたファインプレイ」 (5)全員が逮捕される? 2 「ヤラセ疑惑」 (1)公開直後からささやかれてきた疑惑 …

ジョン・レノンはカンペを見ながら演奏した(216)

1 カンペを見ながら演奏した (1)スタッフにカンペを掲げさせた (2)「Don't Let Me Down」の歌詞を間違えた (3)デタラメな歌詞だからこそ面白い (4)このフレーズがタイトルの曲が制作された 2 「One After 909」をなぜ演奏したのか? 3 他の曲も演…

魔法の中の魔法の一日(215)

1 肝心のビートルズが登場しない? (1)スタッフはスタンバイしていたが (2)ジョンの一声で決行! 2 ホッグはありとあらゆる角度から撮影した (1)全方位にカメラを配置した (2)ホッグは、オーソン・ウェルズの隠し子? 3 婦人用のコートを着用した…

なぜ、ルーフトップでコンサートをやったのか?(214)

1 ホッグ監督は頭を抱えていた 2 候補地は数多く検討された 3 ジェファーソン・エアプレインが先だった (1)反体制的映画の撮影 (2)ニューヨークのビルの屋上から (3)ルーフトップ・コンサートといえばやっぱりビートルズ 4 ゴダールはストーンズも…

あのビートルズの祭典「南港BEATLES STREET」がGET BACKする!(号外)

1 ビートルズの祭典が再び大阪南港で開催! 2 ビートルズは不滅、バンドもファンも不滅 3 初めての2日間開催 4 それぞれのビートルズへの想い 1 ビートルズの祭典が再び大阪南港で開催! // 「南港BEATLES STREET」~2013年から始まったこのイベントは…

It was fifty years ago today!(それは50年前だった)(213)

1 It was fifty years ago today! 2 PV撮影の成功がことの始まり (1)「Hey Jude」と「Revolution」 (2)上手くいくかもしれない 3 トゥイッケナムからアップルへ移動 (1)グリン・ジョンズがレコーディング・エンジニアとして参加 (2)居心地の悪か…

Beatlesque(ビートレスク)って何だ?(212)

1 Beatlesqueとは? (1)Beatlesqueの意味 (2)定義することは難しい 2 ビートレスクと呼ばれるアーティスト (1)The Bangles(バングルズ) (2)その他のアーティスト 3 専門家の見解 4 ピアノ 5 壮大なエンディング 6 ブルーグラスの影響を受け…

(211)リメークされる映画「LET IT BE」は、今までのイメージを一新するかもしれない

1 リミックスをあなどってはいけない! (1)オリジナルとは異なる作品になるだろう (2)リミックスによる革命 2 解散後のアルバム (1)コンピレーションアルバム (2)リミックスの進歩 3 ドキュメンタリーの難しさ (1)歴史を再構築する難しさ (2)…

(210)ドキュメンタリー映画「Let It Be」の新たなプロジェクトがついに始動!

1 ファン待望のあの作品がついにリメークされる! 2 「Naked」はリリースされたが (1)ストーンズのロックンロール・サーカス (2)「Let It Be」もビデオは公開されなかった 3 「Let It Be」のDVDはリリースされなかった (1)DVDをリリースする計画はあっ…

(209)レノン=マッカートニーは、「Yesterday」よりも先にオーケストラを導入した楽曲を制作していた

1 「I’m in Love」~ザ・フォーモスト (1)アーサー・アレキサンダーとは? (2)ザ・フォーモストがリリース 2 「It’s For You」~シラ・ブラック〜「Yesterday」よりも先にオーケストラを導入した 3 「I Don’t Want to See You Again」〜ピーター&ゴー…

(208)他のミュージシャンに提供した楽曲でも、ビートルズは時代の最先端を走っていた

1 「Nobody I Know」~ピーター&ゴードン (1)ピーター&ゴードンへまたプレゼント (2)フォークロックの先駆け 2 「Like Dreamers Do」〜アップルジャックス (1)レノン=マッカートニーというクレジットが世に出た (2)バブルガム・ミュージックの先…

(207)ビートルズが他のミュージシャンに提供した楽曲~大ヒットしたのもあればコケたのも

1 「Dear Prudence」後半のドラム~新たな指摘が 2 「A World Without Love(愛なき世界)」~ピーター&ゴードン-大ヒット (1)ポールが制作 (2)ジェーン・アッシャーの影響 (3)チャート1位を獲得 3 「One and One is Two」~ザ・ストレンジャー…

(206)まだあるビートルズが他のミュージシャンに提供した楽曲~あのストーンズにも

1 「I Call Your Name」~ビリー・J・クレイマー&ザ・ダコタス 2 「Tip of My Tongue」〜トミー・クイックリー 3 「Hello Little Girl」〜ザ・フォーモスト (1)ジョンが初めて制作した曲 (2)デッカのオーディションで演奏 4 「Love of the Loved」…

(205)ビートルズは、他のミュージシャンにも楽曲を提供していた

1 自分たちで作詞・作曲して演奏するバンド 2 他のミュージシャンに楽曲を提供した (1)コンポーザーにも憧れていた (2)提供した楽曲はほぼヒットした 3 「I’ll Be on My Way」~ビリー・J・クレイマー&ザ・ダコタス (1)初めて他のミュージシャン…

(204)ビートルズが永遠に失ってしまった楽曲

1 芸術作品には日の目を見なかったものがたくさんある 2 数十曲が幻と消えた! (1)曲を録音できなかったための悲劇 (2)ビートルズは譜面の読み書きができなかった 3 ポールの悩み 4 ジョンが恐れていたこと ビートルズが公式にリリースした作品は213…

(203)ホワイト・アルバムに対するこれまでの見方を改めるべきかもしれない(まとめ)

1 これまで散々語られてきたが 2 マーティンとの力関係が逆転 3 ビートルズは「Sgt Pepper」でも満足していなかった? 4 リミックスに当たって (1)リミックスやミキシングは仕事の一部 (2)ビートルズも望んだだろう (3)どう分類するか難しいアルバ…

(201)ホワイト・アルバムは解散の予兆ではなかった~50周年記念エディションが語る真実

1 50周年記念エディションも異色の存在 (1)3部構成 (2)デモから完成に至るまでの経過が明らかに 2 ジャイルズ・マーティンのインタヴュー 3 イーシャー・デモがバック・ボーン 4 楽曲の制作過程が明らかに 5 ビートルズは必ずしも不仲ではなかった…

(200)「Dear Prudence」後半のドラムはリンゴが叩いたのか?~ホワイト・アルバム・ミステリー

1 ホワイト・アルバムからのスピンオフ企画 2 以前から議論されてきた 3 ポール派とリンゴ派それぞれの主張 (1)ポール派の主張 (2)リンゴ派の主張 4 で、結論は? (1)どちらも決め手に欠ける (2)当時の状況から推測 (3)中途半端な妥協はしなか…

(199)ホワイト・アルバム~メンバーの衝突とチームワークの複合体

1 パンドラの箱を開けた 2 崩壊はすでに始まっていた (1)バラバラの4人 (2)ジョンとポールの主導権争い 3 ジョージが自己主張し始めた (1)物を言うビートルに成長した (2)エリック・クラプトンの参加 (3)リンゴが一時的に脱退 4 新たな発見 …