★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

洋楽

ビートルズ解散〜悲劇はある日突然起きた(253)

1 ずっと避けてきたテーマ (1)あれから50年 (2)後世の人々に語り継いでおきたい 2 ポールの脱退宣言 (1)ビートルズが解散を宣言したわけではない (2)世間は「脱退宣言=解散」と受け取った 3 インタヴューの抜粋(ビートルズに関する部分のみ) …

ブログのアクセス数が過去最高を記録!(号外)

1 青天の霹靂(へきれき) 2 過去に2回あった 3 思い当たるフシが何もない 4 Googleのおすすめ記事のトップにランク 5 良質な記事を書く 1 青天の霹靂(へきれき) 2020年1月19日のブログのアクセス数がとんでもない数になっていて仰天しました何とた…

リッケンバッカーはたまたま買っただけだった?(おいおいマジか💦)(252)

1 二つの疑問点 (1)他のバンドは稼いでいた (2)ジョンがリッケンバッカーを購入した 2 幾らで購入したのか? 3 金は稼いでいたがためていた? 4 リッケンバッカーはたまたま買っただけだった? 5 トニー・シェリダンはジェッツのメンバーだった 1 …

ビートルズは、実はハンブルクで結構稼いでいたのではないか?(ウソだろ❓)(251)

飛び入りで歌う客とビートルズ 1 デタラメなうわさ話ばかり (1)一人歩きしたうわさ話 (2)コシュミダーはずる賢い人物ではなかった 2 ジェッツは十分なギャラを得ていた 3 ジョンがリッケンバッカーを購入した (1)非常に高価だったリッケンバッカー …

コシュミダーがロンドンのバンドをスカウトした(249)

1 23人のドラマーについて(補足) 2 ハンブルクのクラブへの出演が決まる (1)コシュミダー、ロンドンを訪れる (2)ハンブルク行きが決まった (3)いざ、ハンブルクへ 3 ハンブルクで本物のロックンロールが演奏された (1)本物のロックンロール (2…

ロンドンのロックバンドがハンブルクへ遠征した(248)

1 歴代のドラマーたち(追補) (1)23人のドラマーたち (2)クオリーメン (3)ビートルズ (4)メンバーの何人かとプレイしたドラマー 2 不幸に立て続けに見舞われた (1)地元の不良に襲撃された (2)実は幸運でもあった 3 コシュミダー、ロンドンに…

ウィリアムズは、なぜハンブルクに目を付けたのか?(247)

1 なぜ、ハンブルクへビートルズを送り込んだのか? 2 ハンブルクに注目したきっかけ (1)クラブの経営に熱心だった (2)自分のバンドを引き抜かれた (3)男の楽園 3 ハンブルクのバンドには魅力がなかった (1)つまらなかったバンドの演奏 1 なぜ、…

ビートルズ歴代のドラマーたち(246)

1 ドラマーがいない! 2 歴代のドラマーたち 3 なぜドラマーの確保に苦労したのか? (1)キットが高価だった (3)高いスキルを求められた 4 アラン・ウィリアムズ、大陸へ向かう 1 ドラマーがいない! ノーマン・チャップマンが徴兵され、ビートルズ…

とことんついてなかったビートルズ( ノД`)(245)

1 リハーサルなしのぶっつけ本番 2 子どもの頃から素質があった (1)子どもの頃に鼓笛隊に所属していた (2)やっと見つけたドラマー 3 チャップマンの回想 (1)ポールが主導的な役割を果たしていた? (2)喧嘩が始まっても演奏をやめなかった 4 つい…

どこかにドラマーはいないか?(244)

1 ポールが臨時のドラマーに (1)ムーアの腕は確かだった (2)ポールが臨時のドラマーに 2 ノーマン・チャップマンとの出会い (1)出会いは全く偶然だった (2)殆ど知られていない (3)良いドラマーだった 1 ポールが臨時のドラマーに (1)ムーアの…

「The Beatles」というバンド名が初めて記事になった!(243)

1 リヴァプールで活動を再開 2 「The Beatles」というバンド名が初めて記事になった! (1)ビートルズが新聞の記事になった (2)重要な事実が掲載されていた 3 ドラマーがいなくなった! (1)トミー・ムーアが脱退 (2)テディ・ボーイがねじ込んでき…

映画「YESTERDAY」のレヴュー(後編)(ネタバレあり)(号外)

1 終止符を打つ時が来た (1)他にもビートルズを知っている人が (2)真実を告白 (3)ジョンは生きていた 2 映画の中で使用された楽曲 3 ビートルズ以外に消えたもの (1)あれもこれも消えた (2)ハリー・ポッターも (3)オアシスも 4 カットされた…

映画「YESTERDAY」のレヴュー(中編)(ネタバレあり)(号外)

1 そう簡単にはいかなかった 2 「自作の」CDを制作 3 エド・シーランの目にとまった 4 アメリカへ進出 (1)ついにスーパースターに (2)再現には思わぬ苦労が (3)故郷に凱旋 1 そう簡単にはいかなかった 『イエスタデイ』特別映像(Himesh Sings Th…

映画「YESTERDAY」のレヴュー(前編)(号外)

1 ついに日本でも劇場公開 2 売れないシンガーソングライター 3 ビートルズが世界から存在しなくなった! 4 ビッグ・アーティスト誕生? 5 ビートルズが存在しない世界 (1)やっと事態を理解した (2)あの名曲が自分の作品になる! 1 ついに日本でも…

ウィリアムズ、正式にビートルズのマネージャーとなる(242)

当時の写真を懐かしそうに見るウィリアムズ 1 リヴァプールに戻ったビートルズ 2 ウィリアムズ、ビートルズのマネージャーとなる (1)ビリー・フューリーがきっかけ (2)初めて仕事を見つけてきてくれた 3 ウィリアムズの功績 (1)金の卵を産むニワト…

スコットランド・ツアーこそビートルズの原点だった(241)

フレイザーバラのダリルリンプル・ホール 1 救いの女神 (1)パンを与えてくれた (2)ジョンの誘いを断った 2 ジョンはハンチング帽を被っていた 3 ポールにとって初めてのスコットランド 4 忘れられない想い出 5 ビートルズにとってのターニング・ポ…

フレイザーバラの忘れられない想い出(240)

1 プロとしての第一歩だった 2 さっそく主役を食ったシルヴァー・ビートルズ 3 暖かかった家族 (1)リラックスしたビートルズ (2)父親がジョンに興味を抱いた 4 束の間のデート (1)2人の少女との出会い 1 プロとしての第一歩だった 上の写真は、…

初めて女の子たちから追いかけられたビートルズ(239)

1 初めて女の子たちから追いかけられた! 2 なぜ追いかけられたのか? (1)バックバンドに過ぎなかったのに (2)ささやかなデート 3 リヴァプールに戻ったビートルズ (1)シルヴァー・ビートルズからビートルズへ (2)意外に重要なバンド名 4 ジェン…

プロとして初めてサインしたビートルズ(238)

1 プロとして初めてのサイン (1)交通事故を起こした! (2)救急車を待っている間にサイン 2 ジョンはなぜ厳しい態度を取ったのか? 3 Now give me money! 4 ムーアが見せたプロ根性 5 惨めだった演奏 1 プロとして初めてのサイン (1)交通事故を…

ジョンの曲が初めてレコードになった(237)

1 オーディションを審査したパーンズら 2 芸名を名乗ったビートルズ 3 いよいよツアーが開幕! 4 ジョンがコンポーザーの片鱗(へんりん)を見せた! 5 誰もがスターになれるわけではない 1 オーディションを審査したパーンズら (235)でご紹介し…

ビートルズ、プロになる決意を固める(236)

1 ビートルズ、プロになる決意を固める 2 若きビートルたちの決断 (1)運命のスコットランド巡業 (2)人生の岐路に立たされたビートルたち 3 腹をくくったビートルたち 4 新人歌手のバックバンド 5 ジェントルとの交流 1 ビートルズ、プロになる決意…

ウィリアムズ、ビートルズをプロに育てる(235)

1 グタグタだったオーディション (1)ドラマーが遅刻した (2)ウィリアムズの記憶違い? 2 ウィリアムズの貢献ぶり (1)メンバーの名前を覚えられなかった (2)好きなだけ練習させてくれた (3)リンゴとの出会い 3 プロとしての初仕事 4 ウィリアム…

南港ビートルズストリートの開催が決定!(号外)

1 アマチュアバンドの祭典 またこの季節がやってきました。ビートルズをこよなく愛するアマチュアバンドの祭典、「南港ビートルズストリート」が来たる11月16日(土)、17日(日)、大阪南港で開催されることが決定しました。関係者の話では「次回の開催が…

ビートルズ、初めてプロのオーディションを受ける(234)

1 ハリケーンズがナンバーワンバンドだった 2 ジョンがマネジメントを依頼 (1)ドラマーの世話までしてくれた (2)ドラマーは見つかったものの… 3 オーディションの開催が迫っていた 4 息を吹き替えしたビートルズ (1)オーディションを受けたい! (…

ビートルズを育てた初代マネージャー、アラン・ウィリアムズを再評価する(233)

1 アラン・ウィリアムズって誰だ? 2 「The Man Who Gave The Beatles Away(ビートルズを手放した男)」 (1)ビートルズを手放してしまった! (2)ウィリアムズを再評価すべき 3 リヴァプール初のロックバンドのマネージャー (1)マージー・ビートが…

ブリティッシュ・アクセントへ回帰したビートルズ(232)

1 イギリス人アーティストたちの発音 2 なぜアメリカン・アクセントで発音するのか? (1)最も中立的で発音しやすい (2)声楽の発声は会話とは異なる (3)歌唱では大きな発声になる 3 ブリティッシュ・アクセントへの回帰 4 リヴァプール訛り全開! …

思わず出てしまったイギリス式発音とリヴァプール訛り(231)

1 Can't Buy Me Loveの歌詞について (1)なぜ「me」なのか? (2)リヴァプール訛り説まで登場した (3)何通りの解釈もできる 2 ジョンやジョージも 3 例外があった! 4 この知識は自慢できるかも 5 一番訛りが強かったのは誰だ? 1 Can't Buy Me Lo…

ビートルズはアメリカ英語で歌っていた(230)

1 ビートルズは普段は方言を使っていた (1)リヴァプール訛り (2)歌手のシラ・ブラックもスカウサーだった 2 発音は音楽のジャンル分けにも影響する 3 ポピュラー音楽はアメリカ英語が主流だった (1)英語にも色々ある (2)エンターテインメントの世…

なぜ、人々はアビイ・ロードを最高傑作と評価するのか?(229)

1 多数派はアビイ・ロード (1)最高傑作とする人が最も多い (2)何をもって最高傑作と位置づけるのか? 2 売上げとチャートの記録 3 ジョンとポールが互いに妥協した 4 個々の楽曲が持つとてつもないパワー (1)「Come Together」からすべてが始まる …

アビイ・ロードのタイトルとジャケット写真(228)

1 タイトルは決まっていなかった (1)仮タイトルは「エベレスト」 (2)エベレストになど行きたくない 2 ジャケット写真の撮影 (1)イアン・マクミランが撮影 (2)I saw them walking there 3 ポール死亡説の一因にも 1 タイトルは決まっていなかった…