★ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログ★

ビートルズを誰にでも分かりやすく解説するブログです。メンバーの生い立ちから解散に至るまでの様々なエピソードを交えながら、彼らがいかに偉大な存在であるかについてご紹介します。

洋楽

ポールが「Got Back」ツアーでジョンと共演した(379)

ポールは、2022年にアメリカで開催した「Got Back」ツアーで「I’ve Got A Feeling」をジョンと共演しました。

ついにルーフトップ・コンサートが始まった!(378)

ついにルーフトップ・コンサートが始まりました。いざ始めてみると、彼らは、生き生きとしていました。

ライヴをやるのかやらないのか(377)

ビートルズは、前日になってもライヴをやるかどうかで延々と議論を続けていました。

歴史に残る傑作「Something」登場(376)

ジョージは「Something」をメンバーに紹介しました。この時点では未完成でしたが、後に歴史に残る傑作として発表されました。

ジョージが「Old Brown Shoe」を作曲した(375)

ジョージが珍しくピアノで「Old Brown Shoe」を演奏しました。

歴史は新しい研究により書き換えられる(374)

ポールが「The Long And Winding Road 」へストリングスを導入することに前向きだったことをもう一度明らかにします。

ポールは「The Long And Winding Road」にストリングスを入れることに賛成していた(373)

ポールは「The Long And Winding Road」にストリングスを入れることに賛成していました。彼が激怒したのは無断で大げさなオーケストラを入れられたからです。

ようやくルーフトップにたどり着いた(372)

ビートルズは、ライヴのアイデアがなかなか浮かばず焦っていましたが、ようやくルーフトップで演奏することに決まりました。

名曲「Get Back」ついに完成!(371)

ビリー・プレストンの参加で生気を取り戻したビートルズは、名曲「Get Back」をついに完成させました。

名曲「Get Back」が完成に近づいていった(370)

「Get Back」を仕上げにかかるビートルズ 1 NEMSの買収計画 (1)「ビートルズ乗っ取り中止」とは? (2)このシーンをなぜ挿入したのか? (3)ハゲタカ~アラン・クラインが登場 2 ホッグが最後の提案 3 「Get Back」を仕上げにかかる (1)プロテスト…

「I’ve Got A Feeling」はジョンとポールの協力の賜物だった(368)

ジョンとポールの間には深い亀裂が入っていましたが、「I’ve Got A Feeling」はそんな彼らの協力の賜物だったのです。

ビートルズが解散の危機に瀕している状況を鋭く指摘した記事(367)

ある新聞記者が、ビートルズが解散の危機に瀕している状況を鋭く指摘した記事を執筆しました。

ビートルズは話し合いでプロジェクトの方向を修正した(366)

脱退したジョージが復帰し、ビートルズは、プロジェクトの方向を修正し、完成に向けて進み始めました。

ホッグ監督はジョンとポールの会話を秘密録音した!(365)

ホッグ監督は、レコーディングの休憩中にジョンとポールの2人だけで行われた密室での会話を秘密録音していました

オレは辞める、クラブで会おう(364)

ジョージは、自分を理解してくれないジョンとポールにずっと不満を抱いていましたが、ついに脱退すると告げてビートルズを去りました。

ビートルズの楽曲の版権を持つディック・ジェイムズがスタジオに現れた(363)

ビートルズの楽曲の版権を持っているディック・ジェイムズが、珍しくゲットバック・セッションの現場にやってきました。何をしに来たのでしょうか?

映画「Get Back」~名曲「Let It Be」ついに登場!(362)

ついに名曲「Let It Be」が登場しましたが、この時点ではまだ歌詞が完成していませんでした。

映画「Get Back」~ポールがマルの意見で歌詞の一部を変更した!(361)

ポールがマルの意見で「The Long And Winding Road」の歌詞の一部を変更しました

映画「Get Back」~ホッグはジョンとポールの不仲を指摘した(360)

ホッグは、ジョンとポールの不仲を遠慮せずに指摘しました。

映画「Get Back」~ジョージは「I Me Mine」のヒントをテレビ番組から得た(359)

ジョージは「I Me Mine」のヒントをテレビ番組から得ました。

名曲「Get Back」は着手から1分もかからずに誕生した!(358)

ポールは「Get Back」を作り始めてから1分もかからないうちにメロディーとコードを完成形に仕上げました。

映画「Get Back」〜ポールが孤立していたシーンもあった(357)

今回の作品でもポールがビートルズの中で孤立している様子が明らかとなったシーンはありました。

映画「Get Back」~ポールがジョンの曲の歌詞に手を加えた(356)

ポールは、ジョンの作品である「Don’t Let Me Down」の歌詞に手を加えました

映画「Get Back」〜ジョージの叫び「オレはエリック・クラプトンじゃない!」(355)

ジョージは、ギターのテクニックをエリック・クラプトンと比較されることに不満を抱いていました。

映画「Get Back」~ジョージが「All Things Must Pass」を提案した(354)

ジョージは、メンバーに自作曲の「All Things Must Pass」を提案しました。

にほんブログ村の音楽ブログランキングで1位になりました(号外)

にほんブログ村の音楽ブログランキングで1位になりました。たった1週間でランキングが急上昇して驚いています。

映画「Get Back」〜「One After 909」を掘り起こした!(353)

ビートルズは、オールディーズの中からルーフトップで演奏する「One After 909」を掘り起こしました。

映画「Get Back」〜ゲット・バック・セッションが始まった(350)

いよいよゲット・バック・セッションが始まりました。ビートルズは、2週間で新曲を14曲も制作しなければならなかったのです。

映画「Get Back」は素晴らしいドキュメンタリー作品である(ネタバレあり)(349)

映画「Get Back」は、これまで多くの人々が抱いていたゲット・バック・セッションに対する暗いイメージを吹き飛ばしました。

映画「Get Back」がいよいよ公開される(号外)

映画「Get Back」がいよいよ2021年11月25日からディズニー+で公開されます。これまでの評価をガラリと変えることは間違いありません。